--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.02
Mon
考古学者インディ・ジョーンズ博士が、ロストリバーデルタで発見した古代遺跡。博士は、この遺跡が永遠の若さが得られるという“若さの泉”に関係があるらしいと発表し、それを聞きつけた観光客(=ゲスト)が殺到しました。
博士は、クリスタルスカル(水晶髑髏)が遺跡を守っていて、危険な罠によって何人もの人が命を落としている、クリスタルスカルを怒らせてはならない、と警告しています。ところが、調子のいい博士の助手、パコは博士に内緒でお金儲けのために遺跡探検のツアーを始めたのです。ゲストを乗せ、発進するオフロードカー。果たして、ツアーに参加したゲストの運命は!?

blog-796.jpg
 神殿の前にある、ジャガーが彫られた生贄をささげるための台座。ジャガーは強さと権力の象徴とも考えられています。その後ろの人の顔が彫られた石碑はステラといい、マヤでは王の姿が彫られ、その偉業がマヤ文字や絵で記されているといいます。

東京ディズニーシーのランドマーク的存在の一つであるピラミッド。このピラミッドを含めた広大な神殿にあるアトラクションが、インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮です。東京ディズニーシーでも大人気なこのアトラクション。大人気であるがゆえに列も長くなりますが、このアトラクションも細部に至るまで作り込まれており、見ていて飽きません。

屋内のQラインはいくつかの部屋に分けられており、それぞれ、魔宮がどのような場所であるか推測できたり、インディ・ジョーンズ博士や調査員たちの様子が垣間見えるプロップス(小道具)が満載です。そんな見どころ満載のQライン、および降車後の写真確認部屋などを、写真とともに紹介していきます。

【インテリア・テンプル】
ゲストがまず立ち入るのが、巨大なピラミッド状の建物の内部です。そこには大きな空間が広がっており、さながら地下の祭壇のよう。一対の蛇の頭部を備えた巨大な偶像があり、その周囲や下の水たまりには、生贄としてささげられた人々の白骨化した遺体が散らばっています。

blog-797.jpg
 中心に祀られているのはマヤゴットという神。上部に見える開口部はピラミッドの頂上部に開けられたもので、ここから生贄を投げ落としたそうです。

blog-798.jpg
 帽子や発掘調査で使われるのであろう道具や置かれています。先ほどまで発掘が行われていたようですね。

blog-799.jpg
 ゲストは木製の通路の上を歩きます。下を覗けば、大量の生贄の遺体が滴る水に濡れているのが見えます。

周囲の壁画には、この神殿の多数の罠や若さの泉について色鮮やかに描かれています。神殿の秘密を解き明かすヒントがたくさん潜んでいるかも…?目が離せません。

blog-800.jpg
 牙をむく口の中に人の顔が見えます。これはジャガーヘッドといい、クリスタルスカルの下で神殿を守るといいます。倒れる人々には、矢が刺さっているのが分かります。

blog-801.jpg
 クリスタルスカルが侵入者?に向かって激しい炎を噴き出しています。怒りに触れるとこんな目に合ってしまうのでしょうか。

blog-802.jpg
 腰の曲がった老人が、噴き出る水によって腰も伸び、すっかり元気になっている様子が描かれています。まさに“若さの泉”ですね。

【マップルーム】
マヤゴットの像の横に空いた大穴を通り、内部へさらに進むと、そこには外部から差し込む光を、暦を記した円盤が反射する幻想的な部屋にたどり着きます。反射された光は反対側の壁画に当たります。時とともに移動するその光は、まるで重要な場所をスポットライトで指し示しているかのようではありませんか。

blog-803.jpg
 暦の記された円盤。日中は陽光を、夜間は月光を反射します。

blog-804.jpg
 反射された光が壁画に当たっています。壁画はジャイアントスネーク(↑画像)やクリスタルスカルなど、魔宮に潜む罠や若さの泉が描かれています。

【ブービートラップルーム】
次にゲストが目にするのは、真っ暗な壁に浮かび上がる恐ろしい人の顔。恐る恐る近づいてみると、燃え盛る炎の音が聞こえてきます。床には炎を噴き出す骸骨のマークが。若さの泉に無断で近づこうとする人々(=罠のことを知らない人々)が、床のマークを踏むと、壁に空いた穴から炎が噴き出し、命を落とす仕掛けになっています。

blog-805.jpg
 暗闇に不気味に浮かび上がる顔。まるで怒りに満ちているかのような表情に見えます。

blog-806.jpg
 踏んだら最後の床のマーク。(現実にはその存在を知らない人も多い)

Qラインはさらに続きます。続きは別記事で。

【参考】
・講談社「東京ディズニーシー アトラクションアドベンチャーVol.7 インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮」『Disney Fan』2003年1月号(通号111)
・講談社「東京ディズニーシー ワンダフル・ヴォヤッジ 第5回 神秘的なエリア、ロストリバーデルタ探訪 実松克義教授が読む 中米の遺跡と人々の暮らし」『Disney Fan』2007年7月号(通号174)
・現地の考古学者でパコの手伝いをしているキャストさんのお話
comment 3
コメント
こんにちは。たみふるDという者です。いつもDisney Magic Hourさん読ませて頂いています。
さて、今回私のブログで、東京ディズニーリゾートのアトラクションで待ち時間を過ごす時のネタになるような、バックストーリーをまとめた記事を書こうと思います。
そこで、綺麗に撮られているあなたのお写真を使わせていただきたいのですが、よろしいでしょうか?
返信いただけると嬉しいです。よろしくお願いしますm(_ _)m
これからも頑張ってください!
たみふるD | 2016.12.06 19:55 | 編集
>たみふるD さん

こんにちは。ありがとうございます!最近は更新ペースが乱れていますが、気長に楽しんでください(^^)

画像の件ですが、画像のみの引用は、私の表現と異なる意図となる可能性があるため、ご遠慮ください。
記事の引用(文章・写真セットでの引用)という形でしたら、引用要件を満たせば大丈夫です。
出典もとの明記など、ルールは守ってくださいね。

ご理解よろしくお願いしますm(_ _)m
コンコロ | 2016.12.17 23:13 | 編集
このコメントは管理者の承認待ちです
| 2017.03.02 15:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。